パテック・フィリップの腕時計はいくらする?

パテック・フィリップとは?

パテック・フィリップは世界三大高級時計メーカーのひとつで、他のメーカーと比べて頭ひとつ飛び抜けています。今まで製造販売した時計は厳しい品質保証の基準であるジュネーブシールを獲得しており、さらにその厳しい基準を上回る「フィリップシール」を独自で作り高い品質を保っています。
どんなに古い製品でも自社製品であれば修理を保証する永久保証を謳っており、パテック・フィリップの時計は一生もの、というイメージを作っています。ただし保証期間は2年間であり、それ以降は有料修理になります。古い製品はオリジナルパーツではなく代替品での修理となることが多いため、そのタイミングで製造可能な部品での対応となっています。その結果、時計そのものよりも修理代の方が高くなってしまうこともあるようです。

いくらで買える?高いものはどれくらいするの?

パテック・フィリップの腕時計はモデルによって金額は幅がありますが、安いものでも定価200万円前後、高いものは2,000万円を超えるなど家や車が買えてしまうほど高価です。中古市場での価値も高いため、買い取り業者の販売店でも定価の約9割ほどとなっています。
代表的なモデルはカラトラバ、ノーチラス、アクアノートで、それぞれドレス系ウォッチ、ラグジュアリースポーツウォッチ、カジュアルウォッチとなっています。基本的に機能が増え見た目が複雑であればあるほど、そして記念モデル、グランドコンプリケーションウォッチは高価になる傾向があります。創業175周年記念モデルは約1,000万円、グランドコンプリケーションウォッチのなかでも高いものは約3,000万円となっています。

パテックフィリップはスイスジュネーブの高級時計のメーカーです。その世界的評価は高く、品質、デザイン、価格帯のどの分野でも世界のトップクラスといえます。