内祝いもカタログから選ぶ時代?カタログギフトを上手に使いこなそう!

内祝いにカタログギフトが適している理由

お祝いに対するお返しである内祝いは相手が贈った物より高価ではなく、なおかつ相手が喜ぶ物を選ぶという難しさがあります。価値の見極めや相手の好みを熟知する必要があるなど、贈答に関する知識やマナーが問われるのが特徴です。下手な物を贈ってしまうと失礼になってしまいますが、何もお返しをしないというのも良くありません。そのため、内祝いを贈る際はカタログギフトを用いるのが無難と言えます。カタログギフトは受け取った側が品物を選ぶ形なので、贈る側は金額だけに気を配れば他には何の問題もありません。また、相手側が任意で品物を選ぶので、望んでいない物を贈ってしまうミスを回避できるのもカタログギフトの利点です。

カタログギフトの内容は予算で変わる

同じカタログギフトでも予算に応じて選択できる品物が変わります。一般的に高額なカタログほど選択肢も増え、品物も高級になるので内祝いに用いる際はグレードの違いに注意することが大切です。また、高額だからといってすべての品物が喜ばれるとは限らないことも把握する必要があります。特に飲食物は金額よりも個人の好みが重要なポイントになるので、相手側の好みが分かっていれば安価なカタログギフトでも決して失礼にはなりません。内祝いは感謝の気持ちを表す贈り物なので、金額よりも相手が喜ぶ物、望む物を重視するのがマナーです。カタログギフトは相手の好みに合致する返礼を行うのに向いていますが、カタログを経由して贈られるので古いしきたりにこだわっている人には却って失礼な振る舞いになるかもしれません。返礼の贈り方は相手を選んで決めるのが社会人に必要な心得になります。

結婚式や出産などおめでたいことの際にお祝いをもらうことがありますが、そのお返しとして返すものが内祝いです。一般的に受け取った額の3分の1から2分の1程度が相場とされています。